拡張少女系トライナリーをはじめました

f:id:messi325:20171120215308j:plain:w300
そして5日ぐらいでコイガサキだけですが最新エピソードまで進めました。
直観に従ってコイガサキ氏を集中的に進めましたが従ってよかったです。
というかみんないい子すぎるんですよね……。ズルい。

apps.kakutora.com
公式サイト。
あまり有用な情報は載っていないような気がしますが、まずはアプリDLして始めてください。
アルトネリコシリーズのディレクター土屋暁氏がプロデューサーをしているそうです。

まだ全容は把握していませんが、端的に言えばこのゲームは「ソシャゲでしかできないこと」をやっていると思います。
動いている有志の方がいるようですが、そもそもこのゲームの全容を把握できるのかはわからない。
何にしても「プレイヤーの選択が世界を作る」らしいので、この先のことは誰もわからないのです。

思えば、このゲーム――というか連動するアニメの名前を見たのは多分PVか何かをちらっと見たぐらいで、
それ以降は特別気にしてなかったし、そもそもゲームがあったこと自体知らなかったです。

しかしながら、このゲームは最近私がプレイしたかったタイプのゲームでもうドンピシャです。
それぞれの媒体を活かした作品というのに触れたいと強く思っていて、まさしくそれに該当しました。
サービス開始から追いかけたかったという思いしかない。過去の自分に教えたいですね。

ただし、戦闘要素はほぼオマケというか蛇足ですので、その手の面白さは得られないように思います。
戦闘のシステムはFate/Grand Order(FGO)とかに近い。
わかる方はサーヴァントが一人しかいなくて、敵も1体しかいない、令呪はない、みたいなのを想像してください。

拡張少女系トライナリーを好みそうな人は、最近プレイしたゲームなどから考えると、
・Nier;Automataの最後あたりのポッドの問いかけのくだり
・Doki Doki Literature Club!のエンディングへ向かう方法
今敏氏のアニメ
こんな感じのものが好きだと響きそうな気がします。

他にもインセプションとかサイバーパンクもののアンドロイドの自意識に関する話とか
UnderTalesとかそういうのが浮かびますがそこまで詳しくないので一応除外しておきます。
フリップフラッパーズの環世界や錯視・錯聴あたりが響く人も良さそう。
平沢進氏のライブ形式が好きな方とかも合いそう。

プレイヤー自身(≠主人公)がゲームにタッチしてるというのが好きな人には間違いなく合うでしょう。
何せプレイヤー自身が主人公を媒介としてゲームにかかわるのではなく、自身が主人公なので。

とにかくライブ感が大事なのでちょっとでも触手が動いたらさっさとDLして22日までに最新エピソードまで進めて欲しい。