めし記

主に創作物の物語に関する考察を書くブログでございます

2018年秋アニメ雑感

あまりにも放置し続けたので広告が出てしまったので記事を書く。

RELEASE THE SPYCE

あまり絵が崩れず制作環境が割と安定していそうなアトモスフィアが漂う作品。
美少女のニンジャ!……ではなくスパイが美少女の悪の組織と戦う。

脚本はゆゆゆのタカヒロ×朱白タッグで可愛い絵柄ながらも黒幕がばら撒くのがヤバいクスリなのでダークさがにじみ出てくる。
ソープランド」なんて単語が出るアニメなんてそうそうないのではないだろうか。

あかねさす少女

SONYウォークマン(カセットテープ入れるタイプ)で美少女が並行世界を旅したり変身したりする作品。
独特の空気や何でもありのいろいろな世界を旅するところからフリップフラッパーズ感があるとも言われる。

物事の様々な側面というよりは可能性の話ではあると思うが、そこまでハッキリとはしていない。

やがて君になる

女性同士の恋愛(片思い?)を描いた作品。画面・構図が饒舌に語ることが多い。
一応三角関係なんだけどあまりドロっとはしていないかも。なんというか、バランスが良い作品だと思う。

となりの吸血鬼さん

こちらも女の子と女の子の距離が近いアニメだが、他人の羨ましいと思う部分がその人にとってのコンプレックスであるみたいなテーマも扱ったりする。
吸血鬼さんの方が常識人で、人間の方がヤバいヤツが多い。

SSSS.GRIDMAN

なんというか普通に面白い作品という印象。9話からもう一転あるだろうか。悪くはないが、だからと言って特撮の方に心惹かれたりもしないというような印象になってしまっている。
ワンレイヤー向こうに隠れたものが何かというところ。

ゾンビランドサガ

1話、さくらが轢かれたシーンからエンターテイメントとして今期ナンバーワンだと思います。
また、ゾンビのアイドルという設定をフルに生かした話作りだと思う。世代間の価値観の違い、死者と生者との決別ときて、サキちゃんのお話はまだ見ていないわけですがどう出るのだろうか。

ライブシーンのCGの微妙なアンバランスさというところが気になりますが、2話のラップや楽曲達は最高ですね。

まとめ

今期アニメは非常に強い。しかし女の子がたくさん出てくるアニメばっかり見てるな。