めし記

主に創作物の物語に関する考察を書くブログでございます

今から始めるFF14~始める時の注意点~

Prime(Twitch)がらみでTwの方で始めようとしている人間がいるらしいので書く。

開始するサーバー

友人と同じワールド(サーバー)でキャラクターを作るようにしよう。せめて同データセンターで(GaiaとかMana)。
場合によっては無料になることもあるが、別のワールドに移るだけでもリアルマネーが必要になる。

※一応またいで移動できるワールド間テレポが実装予定らしい。
パーティコンテンツは同データセンターの場合のみ、別ワールドでも可能。

優遇ワールド

いわゆる過疎サーバーでキャラクターを作ると

  • Lv60まで経験値が倍
  • 装備と交換できる「シルバーチョコボの羽根」を10枚
  • Lv30になると15日間の無料プレイ期間を付与

といったボーナスがあります。施策の詳細は以下から。
jp.finalfantasyxiv.com

また、どのサーバーが優遇ワールドになっているかというのはLodestone(FF14のコミュニティ)のお知らせを参照。
jp.finalfantasyxiv.com

※2/7現在の優遇ワールド(日本DC)
Gaia

  • Alexander
  • Durandal

Mana

  • Hades
  • Pandaemonium

Elemental

  • Aegis
  • Atomos
  • Kujata
  • Typhon

初期クラス

FF14のクラス(Lv30からジョブ)にはそれぞれロール(役割)がある。
これを見誤ると大変な思いをして折れない心を身に着けることになるので注意。

TANK(剣術士・斧術士)

敵の攻撃を一手に引き受ける盾役。
敵からの注目(敵視)を上げる攻撃で、敵からのターゲットを自身へ集めて維持するのが主な役割。
最初に倒すべき敵を指示したりすることもある。

インスタンスダンジョン(ID)というメインとなるパーティコンテンツでは先陣を切って歩くのが慣例となっている。
ダンジョンの指揮者的なところがある為、初心者にはちょっと敷居が高いかもしれない。

一方で、3つのロールの中で一番人口が少ないとされており、コンテンツに参加する際のマッチングが速い。

剣術士は防御寄りで、斧術士は攻撃寄りでちょっと柔らかいぐらいに考えておけばいいと思う(多分)。

HEALER(幻術士)

読んで字のごとく回復役

パーティメンバーの生殺与奪を握るロールである。
回復魔法を用いるだけでも敵から狙われる可能性が生まれるのでそのあたりは少し注意が必要か。

忙しさはDPSほどではないが、回復に攻撃とやることが多め。
こちらもちょっと敷居が高いとされている。

TANKほどではないかもしれないがマッチング速度は速い。
初期クラスでは幻術士(白魔導士)しかない。

DPS

文字通りDPSを稼いで敵を減らす火力役
Melee(近接物理)、Physical Ranged(遠隔物理)、Magical Ranged(遠隔魔法)の3種類がある。

一番初心者に向いているとは言われているが、一方で極めるのが一番難しいロールと言えるかもしれない。
しっかりDPSを出そうとすると非常に忙しい。

一番ジョブ数が多いため、マッチング速度は遅い。
DPSの中でも遠隔物理の弓術士(吟遊詩人)が特殊でサポート職寄りなところがある。

結局どれがいいの?

実際あとからいくらでも変更は可能です。

予習してでも速く進めたい→TANK,HEALER
ほどほど忙しくていいのでサポート役がいい→HEALER
一番になりたい→DPS

敵から殴られたい・仕切りたい→TANK
他プレイヤーの生殺与奪を握りたい→HEALER
とにかく敵を殺しまくりたいです……→DPS

戦闘系エンドコンテンツについて

「大縄跳び」と例えられる類の覚えゲーです。
如何にギミックをこなしながら各々のロールの役割をこなしつつ敵を倒すかが重要。

最後に

他に何かあったら教えてください。筆者の知識は4.1ぐらいで止まってます。

友達招待コード
M6N34SK3