エオルゼアより

f:id:messi325:20170614123527p:plain
FF14を始めました。
正直紹介することが多くて何から書いたものかと思い、とりあえずSSを貼ります。

f:id:messi325:20170614123721p:plain
景観撮影なら被写体深度やライトなどをいじったりもできる。

f:id:messi325:20170614123912p:plain
f:id:messi325:20170614123804p:plain
ショタ(ショタじゃない)

世界観

ハイデリンという惑星のアルデナード小大陸にあるエオルゼアという地域が舞台です。

リムサ・ロミンサ、グリダニア、ウルダハという三国と、
「蛮族」と呼ばれる部族達やガレマール帝国との戦いが主に描かれます。


かなり今まで登場したファイナルファンタジーイヴァリース(FFT,FF12)と同名の地名が登場しますが、
これはただのスターシステムだけでなく何かしらの意味があるとかないとか。

特にイヴァリースの名称は多いですが、松野泰己氏は関わっていません。
ただし、4.0(6/20の大型アップデート)で松野氏がシナリオ書くコンテンツが出る。
松野氏は重度のFF14プレイヤーだそうな。

FF14

かつて、FF14はサービス提供に値しないとか何とかで一度サービスを終わらせてますが、
その旧FF14の世界観を引き継いだ形になっています。

FF14の世界が「第七霊災」という事象でなんやかんやした後の世界が「新生エオルゼア」となるそうで。
滅んだ世界(厳密には違う)がゲームとして存在していたのは面白いと思います。

UIとか

f:id:messi325:20170614124951p:plain
表示されているユーザーインターフェース(HUDレイアウト)は全て配置変更が可能です。
大きさもある程度変更できます。

「マクロ」というテキストコマンドでスキルを実行したり、定型文作ったりできる機能があり、
特にゲームパッドでプレイするならどうしても覚えたい内容になります。
何か敷居が高そうですが、先人たちの知恵がありますし、多分Excelのマクロとかよりは簡単です。

/ac ケアル

これでケアルが実行可能。これの前にパーティターゲット指定するマクロとかを入れたりします。
最近のMMORPGではもしかしたら当たり前なのかもしれませんが、かなり久々にこの手のゲームをプレイしたので進歩に驚いてます。多分12年ぶりぐらい。

個人的にはIFで条件分岐ができると嬉しいけど、流石に便利過ぎか。

戦闘

タンクヒーラーDPSという3つのロールに別れてパーティを編成し、
ダンジョンや蛮神(シリーズの召喚獣達)などのボスと戦うコンテンツへ挑むのが主となります。

タンクはパーティの盾役で、モンスターの攻撃を一手に引き受ける役。剣術士(ナイト)や斧術士(戦士)が主。
ヒーラーはその名の通りパーティの回復役。タンクの生存を担うのが主。幻術士(白魔道士)が主なクラス。
DPSはアタッカーとして敵をせん滅するのが役目。上記以外の多くのクラスがこのロール。

メインクエスト内でも必ずパーティを組んで攻略しなければならない場面がいくつも存在しますが、
パーティ募集機能や、コンテンツファインダーという自動マッチング機能があるのでパーティ組む敷居自体は高くない。

高レベルの人間や強い装備を持つ人間もそのレベル帯に合わせて一時的に強さを下げられるので、
強い人間が一方的に敵を倒すようなパワープレイは起きない。

とはいえ、コンテンツファインダーでのマッチングは初見の人間が好まれないケースも稀にあります。
そうは言っても極々少数で、概ねほとんどの人が優しいと思いますが、
アレな人に出会う事故に遭いたくないならパーティ募集の方が良さげです。

ただし、フリートライアルではパーティ募集機能が使えない

UIで確認できない隠しパラメータを参照した戦闘とか、範囲攻撃の予告がないということはないです。
ただし、予告のない攻撃もあるので、そこは注意。とはいえ、エフェクトで安置がわかりやすい。

キャラクター

f:id:messi325:20170614123858p:plain
こんな感じです。こんなスケベ衣装ばかりじゃなくて、歴代の白魔道士衣装や鎧もあります。

ヒューラン、エレゼン、ララフェル、ルガディン、ミコッテ、アウラの6種族から選べます。
アウラは3.0のパッケージが必要

ヒューランはいわゆる人。エレゼンはエルフモチーフで尖り耳に長い手足と高身長。
ララフェルは小さくて可愛い、ホビットめいた種族。
ルガディンがゴツイ体と高身長が特徴。鼻が犬っぽい。
ミコッテは猫めいた種族。尻尾と獣耳がある。画像はミコッテ。
アウラは角が生えた種族。まだ登場していないので他はよくわからない。

キャラクターメイキングはあるものを組み合わせて選ぶ形になる。色も多くの色見本から選ぶ。
とはいえ、組み合わせの数はかなり膨大となるので、完全にかぶるということはまずないだろう。

フリートライアル

こんな紹介よりもやってもらった方が早い。

ということで、フリートライアルがございます。
いくつかの機能制限はありますが、基本的な部分は押さえられると思う。

www.finalfantasyxiv.com

もし、パッケージ購入して課金しようと思ったら
ダウンロード版がAmazonスクウェア・エニックスのストアなどにあるのでご安心ください。

今始めるならちょうど新しいアップデートがあり、バトルシステムなどに変更があります。
そして、新規の方もドラマ効果等で増えているらしいので、
気になっている方は始めるのにちょうどいいのではないでしょうか?