読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファイアーエムブレムEchoesクリア

ファイアーエムブレムEchoesクリアしました。
プレイ時間はおおよそ30時間ぐらい。難易度はハードでクラシックモードです。
以下感想など。外伝自体は未プレイです。

トーリー

幼少期のボーイミーツガールを経て、青年期に旅をするという割と王道な展開。

マイセンが子供達に武器を取って戦えという部分は違和感を覚えなくもないですが、
正直そこまで引っかかるものでもないかな、と。

外伝のストーリーに追加したと思われる部分がどうも総じて蛇足だったのではないかという気がします。
ベルクトとかフェルナンあたりは特にストーリーの深化などに寄与していないような……。

外伝自体のストーリーを掘り下げているあたりに関しては良かったと思います。

ゲーム(シミュレーション面)

各ストーリーのマップはどちらかというと、ファミコンスーファミ時代の粗さを感じるバランス。
プレイしていてSFC紋章の謎とかに近い雰囲気を感じました。

ユニットの成長率も最近のFEとは異なり、一部のユニットを除いて概ね低め安定で、
アルムやセリカを始めとした強いユニットである程度無双することが必要でした。
単純に私のプレイが荒いだけかもしれません。

クリア後に登場するマップはエンカウントする敵が非常に強い。
クラスチェンジするとスキルなどが追加されるので早めの方が良いような気もしますが、
後半の事を鑑みるとキッチリLv20でチェンジさせた方がいいかもしれません。

あと、全体マップを見る方法が無く、全体を俯瞰してみる方法が無いのがいただけなかった。
操作方法に気付けなかっただけか?

ゲーム(その他)

探索パートはダッシュの時に小回りが利きにくくなってしまうのが良くなかった。
あと敵シンボルがマップチェンジで復活してしまうので邪魔臭い上に追ってくる速度が速い。
あまり良いものであったとは言えない。よくあるRPGの要素なので特に目新しい訳ではないというのもある。
ランダムエンカウントではなくシンボルエンカウントであるだけマシかといったところ。

会話パートや町などの施設探索は密室脱出などのアドベンチャーゲームを踏襲した形になっていて、
特に可もなく不可もなくという感じ。
主人公の顔が下画面に、会話しているキャラクターが上画面に表示されていて、
会話している感がより出ているのはいいかもしれない。

FEのリソースを利用して恋愛アドベンチャーゲーム出そう。
覚醒あたりからのファンは特に食いつきが良さそう。
FC,SFCの頃からFEの同人制作は割と盛んだったみたいなので、実際のところ公式でやってもそんなに変でもない気がする。

アニメーションパート

スタジオカラーによる全編3DCG(本編で使用しているモデルではない)アニメーション。
やはりあのカラーなので、クオリティは申し分ないと思います。

総評

良くも悪くもファミコン時代の雰囲気を残しつつ現代的にリメイクしていて、
追加ストーリーの蛇足は感じましたがゲーム部分の「リメイク元を尊重した上でのリメイク」としては非常に良いと思う。

ファミコンあたりのゲームバランスをプレイの中でよく感じ、
ifの暗夜編や蒼炎あたりなどの整ったバランスが恋しくなることもありました。

3DSの覚醒やifあたりからファイアーエムブレムシリーズをプレイした方には少し受け入れがたいかなとも思いますが、
往年のファンとしては少し懐かしさを覚えるのではないでしょうか。
DSの新・暗黒竜と光の剣新・紋章の謎よりも原作の雰囲気みたいなものを感じました。

キャラクターデザインを左氏が担当しているのが個人的にとても良かった。
アトリエシリーズの黄昏シリーズでキャラクターデザインを担当していてそれがとても好きだったので、何気に嬉しい点でした。
本編プレイするまで誰が担当しているのか知らなかった。

おまけ:キャラクター性能編

こいつを育てておけば大体いいよというリストです。

アルム軍

アルム

どの剣士系ユニットよりも良い成長をします。
少しDEF偏重気味で、SPDが伸びにくいですがどの剣士ユニットよりも活躍します。
RESはあまり伸びないので魔法系を相手にするのは少し厳しい。

育てない手はないですし、何より主人公なので育てない人は少ないと思いますが、
一人で攻略しなければならないマップがあるので育てておかないと辛い。

トーリーで手に入る「王家の剣」で習得できる戦技が強力。

クリフ

村人の中でもっとも成長率が高い。
アルム軍は序盤で黒魔法が使えるユニットがいないので、練習している通り魔道士がいい。
自分はソシアルナイトにして後悔した。

クレア

DEFは少し伸びにくいが、魔物系に特攻できるファルコンナイトになる点が強い。
アルムと支援があるのも特筆すべきポイントかも。

マチルダ

初期ステータスでは近接ユニットとしてはDEFが低めだがRESが高い。
しかし、クレーベが涙目になるくらいに成長率が良く、ネックとなる低いDEFもレベルが上がることで解消される。

デューテ

ボクっ娘かわいい。

それはさておき、仲間にするマップの難易度が少々高いが、その苦労に見合うレベルで非常に成長率が良い。
DEFとTEC以外のほとんどのパラメータが上がりやすく、魔道士の少ないアルム軍において非常に優秀な魔導士となる。

ジーク

どこかで見たことある誰か。
LUKとRESは少々低めだが、他はソシアルナイト系の中でも非常に優秀。
グラディウスを手に入れたら是非持たせてあげよう。

セリカ

セリカ

DEFとRESは低いが、ATKとSPDの伸びがアルム以上に良く、魔導士として優秀。
宝剣ソフィアを持たせたくなるが、魔道の指輪の方が良いかもしれない。

レオ

ステータスが高い訳ではないが、アーチャー系のユニットの中では一番マシ。
攻撃範囲外から敵を倒すのに弓は重宝する。

カチュア、パオラ、エスト

ペガサス三姉妹。
Tアタックの使い勝手はあまりよくないが、魔物と戦う機会が多いセリカ軍でファルコンナイトは重宝する。
ステータスはカチュアとエストが高く、パオラはあまり育たない。

補足

本作では地形効果による回避率の上昇量が高く、地形効果を無視できる魔導士が非常に有用であり、
黒魔法を行使できるユニットは多少成長率が低くても基本的に重用することになる。

また、魔導士系の射程外から一方的に殴れる弓も非常に有用。
弓が使えるユニットの成長率はあまり高くないが、主にストーリーマップで重用することになるだろう。

他にも、近接ユニットの盾となるソルジャー系列も成長率が低めでも必要となる場面は多い。