読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グランゼドーラ王国到着以降

続きです。
DQ10のVer2.0のシナリオのネタバレとかなのでクリアしてない人がいたら
その人はこのページをそっと閉じよう。

ちなみに私はネタバレ耐性80~90%ぐらいあるので真とか偽とか言われても
あんまりショック受けたりしないです。

流石に物語の詳細を全て語られたら私も死んでしまうかもしれない。

DQX

グランゼドーラ王国に到着し、どっかの洞窟行ったり、地下から攻めたりして
ミシュアの夢の中に入り込むことになった。

試練の門を3つほど通過したけどビッグモーモンに比べたらまだマシ。
それでもあの葉っぱ2人組に一度全滅食らったけど……。


この首筋が鱗っぽいイケメン何者だよ。
ラストダンジョンで思い出したけど竜人かもしれない。

その夢の中で明かされるあれやこれやがまた色々とヤバい。

え、これどういう風になって偽物とか真とかなるの……?
真のレンダーシアとやらはもうなくなってないっすか。
あのまま時間が進んでいれば、少なくともグランゼドーラはもう……。

トーマがもうなんだか不憫すぎる。


などなど色々ありまして、真の勇者がとうとう覚醒する訳です。
幼少期から魔王軍侵攻と進むにつれ段々表情が険しくなるのが辛い。

そしてもう一人の紫勇者と老人は創生の魔力を手に入れてどうたらこうたら!
ダーマ神殿へ向かった。

ダーマ神殿ってどのシリーズでも割食い過ぎでしょ。
なんであんな旅の扉あるの……。


何故か辿り着いたのは滅びたエテーネの村。
悪くないスライムベスとかドラキーとかがいた。特に何もない。

懐かしい草原を抜けて、辿り着いた洞窟を進み、
道中立ちはだかる中ボス共をまほうの小ビン、せいすいを飲んだりして倒し、
いざ辿り着いたのが紫勇者とモノクルじいさんがいる怪しい場所。

このじいさんが魔族かなんかで最後出てくるんだろうなーと思ったら
まさか踏みつぶされちゃう始末。ヤンナルネ……。


そしていざ変身した紫勇者(かっこ悪い)と勝負……!














魔勇者アンルシア戦闘まとめ

第1形態

ジゴデインに気を付ける作業。300ちょっとあれば即死しないっぽい。
巻き添え食わないよう気を付けたりすればなんとかなる。
私はとりあえずやいばくだきして渾身切りしとく。魔結界もしておく。
アタッカーはサポートの両手無双バトマス。

第2形態

桃色の方のアンルシアが参戦し、5VS1の戦闘に。

アンルシアはギガデインベホイミザオリクを使ってくれる上、
やたらと硬く、創生の魔力やジゴデイン当たっても余裕で生きてる。

サポート仲間も今回のアップデートで上手く設置型攻撃を避けたりするみたいで
たまに避けてくれる。けど結構な確率で1人は確実に死ぬ。

半分ぐらいまで削ることは出来たけれど、その後PTメンバー全員が死に、
アンルシアのMPも枯渇してしまい蘇生できずジ・エンドだった。

怪しい瞳で眠らせてくるのは使用してこなかった。頻度低いのかな。

総括

つらい。

Lv80でもきついらしい……というかあまりLvでどうこうできそうな気はしない。
HPの問題はLvの上昇ででかなり条件絞る必要がなくなりそうだけれども。
むしろ装備と動き方次第、そんな気がしますが……わからんね。
攻撃や回復はサポート任せです。ぼくはさぽーとのさぽーとです。
一応アタッカーとしても参戦するけど、多分あまり貢献できてない。

ちょっと今回の敗因が回復役のMP切れなどとあまりにも迂闊だったので
もうちょっと対策立てたりサポート雇いなおしてからまた乗り込みます。
なかなかボス戦仕様のサポっていないんですよね。当然ですけど。
そんな中耐性とかガッツリつけてる人には感謝ですね。

一番いいのは自分で僧侶だけど育てるのめんどい。
さすがにHP300ないと耐性あってもやばいし、僧侶用のパッシブも揃えてない。

マジックバリアって範囲なのかな?
従来通りなら範囲だけど、どうもところによって表記に揺れがある。
ちょっとどうぐ使い育ててみるのもアリかも。
ホントどうぐ使いの呪文が魔戦につかないかな……。


Lv55でサポ雇うのキツイなあってなったらLv上げる。
いよいよダメだったらチームの人にお願いするかも……?

しかしお手伝いしてもらうのはどうしても抵抗があるので
やはりサポート頼みでやってしまうでしょう、多分。
人に頼ることも大切なんでしょうけど、ダメなんですよね。どうも。