ブログにまつわるエトセトラ

たまにホットな話題でアクセス数を稼ぐという、
まさに姑息な手段に打って出る事があります。
しかし、当然のことながらよそ様のブログも同様の事を考えますね?

故に、お役立ち情報をわざわざ複数の箇所が書く必要はあるのか?
と考えたりしてDQXの「プレゼントのじゅもん」とかそういった類の情報は
大手攻略サイトとかに任せて手間を省きます。一人では集合知に敵いません。

ゲームのプレイ感想やちょっとした所感、そういった類の情報は
ブログ巡回をする層ならば割と気になるものかな? と思うので、
そういう面に重点を置いて書いたり、書かなかったり。

数値などの検証とかニッチな方面での情報はブログあたりが補うものかな?
と思いますが、面倒なのでしません。検証好きな方にお任せします。

古めのゲームやゲームアーカイブスなどのプレイ感想も
恐らく昔のは埋もれたりしてそうだから有用なんじゃないか?
とかそういった打算的なことを考えたりします。
けどそこまで昔のゲームプレイしないよね……。

なんか人気らしいライフハック系統の記事は何故読まれるかというと、
自身の考えと照らし合わせて共感して安心したり、
明日から改めるとか思い込んで改心したように思いこんだり、
筆者の考えに賛同し、筆者になったつもりで、筆者が糾弾してるものを
「何故この通りにしないんだ!頭悪い!こうすべき!」と言って全能感に浸る……
そういった理由なんでしょう。この考えひねくれてますね。

書く側としては、刺激があり、ある程度論理的に成立していて、
表向き整っている体の理論を展開すると良いのかもしれません。
あととても自信に満ちた文体で題名は「~しない○個の理由」とかだとより良い。

その手のブログって相当増えてきて飽和気味な気もします。

こうして色々考えてるような類のことを書いてみてますが、
実際はあまり考えて書いてませんね……。


ブログを書く理由としては、アクセス数稼ぎたいとかお金稼ぎたいとか、
楽しみや好きな物を共有したい、自身の変態的な性癖を書き連ねる、
自分の考えを発信して云々、色々な動機があると思います。

たまに「ブログをサボって」とか「休んですみません」といった
謝罪の弁を述べて自身を責める人がいたりしますが、
読者が記事を読まない時間は間違いなく他に割り当てられるので、
ポジショントークでないならそこまで気にする必要はないと思います。

取り立てて意味もなく、毎日記事を書くことを義務化したり、
果たせもしない目標を立てて、出来ずに自責するなら
無軌道に続けたり、やめた方が精神衛生的にもよいでしょう。


書きたい時に書きたいことを書け。問題ない程度に。
何が問題になるかわからないけどな! 私もちょっと怖い!

最後に、"Don't think. Feel." とは便利な言葉です。
いじょうです。

楽しいブロガーライフとかそういうのを送ってください。