賢者ルシェンダは何者なのか?

※特に意味のないネタ記事な

ルシェンダの正体が気になるだとか、「アンルシア ぺったんこ」だとか、
アトリエシリーズ関連の検索アトモスフィア高まりを感じます。
最近では「脱出アドベンチャー 終焉の黒い霧」といったサーチもあった。

そこで今回、DQXに登場する賢者ルジェンダについてお書きしたいと思います。

DQX

f:id:messi325:20140909154641j:plain
彼女が賢者ルシェンダ。

オーガの女性で、グランゼドーラ王国お抱えの賢者にして、
賢者の組織「叡智の冠」を統率する賢者。
その容姿からグランゼドーラ城の兵士にファンも多い。
ヒャクマガリの根から煎じたお茶が好み。

以下、Ver2.1以降ぐらいのネタバレを含みます。

しかし、彼女はアンルシアが幼少の頃から今に至るまで、容姿が変わっていない。
一体彼女は何者なのだろうか?

当初は若いながら老いた賢者たちを統率する若きカリスマ美人賢者……
そう思っていた方は多かったはずであります。

それはVersion2.2後期に追加されたレンダーシアストーリー第2章で、
ぼんやりとその姿が見えてくる。

まずは秘密会議室の遠隔会話装置修理イベントだ。
f:id:messi325:20140909155604p:plain
修理をした技師バジェオ、彼はそこそこ老齢のように見えるが、
なんと驚くことにルシェンダを「ひぃばーさん」と呼んでいるのだ。

どういうことなのだ、さっぱりわからない。夢が崩れてゆく……。
そう思った方もいるかもしれない。

彼女は何かしらの魔法で容姿などを誤魔化しているのかもしれない。
ちなみにヒャクマガリの根を煎じたお茶は神経痛に効く。

次に、アンルシアが破邪の秘技の一つである勇者の眼習得を報告した時、
秘密会議室を訪れたルシェンダを見たアンルシアの反応である。
f:id:messi325:20140909160330p:plain
この顔である

勇者の眼とは、物事の真偽を見極めるという感じの力がある。
つまりアンルシアはルシェンダの真の姿を見て、なんか驚いたのだ。

その後、賢者ブロッゲンは「この世には見えぬ方がよい真実もある」
などと言って、この話題は一旦終わりとなる。

その後、アンルシアの部屋へ赴いてこの件について聞いても、
「ルシェンダも知られたくない事だろう」などと言って教えてくれないのだ。

そんなこと言われたら知りたくなるじゃん!
そういう方は間違いなくいるだろう。
しかしアンルシアも勇者と言えどもレディ……
ルシェンダ様の気持ちを察してそんなことを容易に漏らすわけにはいかない。

ルシェンダ様も強い力を持つ賢者と言えども一人の女性、
いつまでも若く見られたいのである。そう思うと可愛げがありませんか、あなた。

しかし、ルシェンダは恐らく100歳は軽く超えているだろうと考えられる。
ホーローはだいたい60、70台。一体如何なる術を使っているのだろう。
ちなみに、不死不老の術はツスクル外伝にて登場している。

しかし今回の場合は本当の姿があるので、今見せているのはまやかしということだ。
特に重大な真実はないと思うが……どうなのだろう?

単純に高齢のオーガの女性だけどなんかで若く見せているだけだと思います。

補足:イヤリング

よく邪推されるのがこのイヤリング問題。
フレンド達とTwitter議論もあったけど、鳥山明さんのデザインの癖とか、
デザインマイブームによる偏りだという結論がついた気がします。

どういうことなのかというと、
f:id:messi325:20140909161723p:plain
こういうことです。

f:id:messi325:20140909175101j:plain
ちなみにフォステイルやマイユも同様の意匠のイヤリングをつけているので、
単純にアストルティアでよく好まれるイヤリングとか、
本当に鳥山明デザインのクセだと思います。