セレドの町のクエストクリアとか

ドーモ、ご無沙汰です。

DQX

昨日のDQX TV秋の大運動会スペシャルを見ていて思ったのですが
職人は大成功出せて当たり前というのが実際周知されていないのでは……
そんな気がします。

インコさんはそんな感じを理解されてる感がしました。
よーすぴさんもそんな感じする。よく職人チャレンジしてるし。
鍛冶職人なら★3は3回に1回、裁縫・木工は多分2回に1回の割合だと思う。
調理や錬金はどう利益取ってるのか知らん。

★1や★2が思い切り原価割ってるのはそういった事情があるからだと
私は考えております。
★2は出来て当たり前、★1は運が悪い、★無しは事故。

一部の優れた職人が作ったルールに従うほかないのだ。ヤンナルネ……。
故に敷居が高く感じるんでしょう。
f:id:messi325:20141011131508j:plain
さて、本題に入って今回のセレドの配信クエストです。
なんかあらかじめ、あるクエストをクリアしなければならないらしいですが、
どうやら事前にクリアしておいてありました。

ボス戦は最後に1つだけ。ゴリ押しバンザイなボスでした。
8をプレイした方は取れる物も含めて、
なんか懐かしさと、クソ王子を思い出したのではないでしょうか。
未プレイの方でも十分懐かしみのあるやつです。

僧侶でベホマラーぶっぱが一番幸せになれる道だと思います。
プテラノドンバイシオンと痛恨の一撃が怖い。

もう最近ストーリーボスもクエストボスもやたらと強くてサポ殺し感はあるけど、
別にソロサポオンリーでクリア不可って訳じゃないし、
クリアできねえクソゲーだろ……とハッシュタグ等で言ってるのは実際見苦しい。
ソロの達成感とか要らないんだろうし、さっさとフレンドと組めよ……。
ワイルドフォビズムとダークレアリズムは許さんけどな!

それは置いといて、成長したリゼロッタ、
相変わらずイケメンだけど、ちょっとジェラシーなフィーロ、
そして謎のトゥーラ弾きの少年セリクが出てちょっとした青春ストーリーだった。

※以下ネタバレな。
しかしあまり2つのセレドの町はよくわからないね。
半死半生の状態で魂が偽りのレンダーシアに行ってしまうし、
生き返れば真のレンダーシアへ戻ってこれるのだからよくわからん。

引き止めつなぎ止めているというところがミソなのだろうか。

パンパニーニは大魔王の仕業によって自身の魂が偽りの世界に引き止められ、
自身の童話の中につなぎ止められている。セレドの子供達と似ているなあ。
f:id:messi325:20141011131455j:plain
後日談はこちらから見られる。

偽りの世界の出来事を覚えているセリク。
ありがちな芸術家気質の両親の息子のようだ。少し可哀想でもある。
両親はその事に気付いたようだが……。

彼が後々のストーリーに関わることはあるのだろうか?
今はただ今後の展開に備えよう。

貰った家具は自宅2Fに飾ってあります。