読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DQX Ver2.4 どうぐ使いでラスボス攻略

DQX

正直なところ攻略と呼べるほどに仔細な記事は書けませんが、
覚えてる限りなんか書きます。ソロでサポート仲間オンリー攻略です。

※12/27 自分がやった戦法を詳しく書くことにします
一応、ボスの名前は予想着くと思いますが伏せております。

Q.何故どうぐ使い?

A.マジックバリア、疑似範囲蘇生、範囲MP回復

事前準備

どうぐ

せかいじゅの葉とまほうのせいすいをたくさん用意
特やくそうも一応用意。けんじゃのせいすいもあったら楽になる。
どくけしそうまんげつそうも役に立つがあまり撒く暇はないかも。

アンルシア

正義と闘志を40Pであとはご自由に。
作戦は基本的にガンガンいこうぜ(いくわよ)
勇者の光を使う場面があるので選択肢を増やすべきではない。
回復役として活躍してもらうには状態異常耐性が無く聖なる祈りがないのは致命的。

スキル

ハンマー……スタンショットは欲しい。魔法使いを入れるなら140スキルも。
弓……場面は限定的だが弓聖の守り星は役に立つ
ヤリ……火力に心もとない時に
ブーメラン……あまり要らない気がする
盾……間違いなく必要
アイテムマスター……念のため140まで振る

装備

マヒガードが必須。呪いガードがあると楽。
物理攻撃役は幻惑ガードもあった方が良い。
呪文耐性のついた盾またはからだ上の装備があると非常に楽。

構成

私は自分がバイシオンを使えるのもあり、
どうぐ使い(自分)、僧侶二人、オノ戦士で行きました。

戦士の部分は武闘家や魔法使いで代替してもいいかもしれない。
僧侶は一人でもいいが事故も多いので安定の為には二人欲しい。

注意事項

奈落の門での戦闘はどこで負けても最初からとなる。
戦闘後HP,MPは回復する。
呪いでHPが半減していた場合はその分が回復しないので注意。

常にどうぐ倍加範囲化は切らさないように、範囲化優先で。

1戦目

・行動
黒の衝撃……前方直線へ500~600ぐらいのダメージ
無我の心……スーパーハイテンションとなる
虚無の剣……対象と周囲に300ぐらいと補助効果全解除
追憶の呪縛……アンルシアを一時的(それなりに長い)に行動不可にする
通常攻撃……2回攻撃で硬い前衛以外は非怒り時でも死ぬ
・攻略
前哨戦なので比較的楽だがアンルシアが封じられることや、
スーパーハイテンションからの攻撃次第では事故る可能性もある。

バイシでアンルシアや物理アタッカーを補助しつつ、スクルトで守りを固めて
聖水でMP補充しつつヤリで攻撃するのがよい。

2戦目

・行動
マヒャデドス……350超えるダメージ
ジゴデイン……430~480ぐらい
いてつくはどう……補助全解除
マダンテ……自身の周囲に9999のダメージ(要は即死)
魔力回復……マダンテを使用した後に使う
念じボール……対象とその周囲に100~110のダメージ×5回+HP半減呪い
やみのころも……与ダメージ増、被ダメージ3分の1 勇者の光で解除
通常攻撃……280~300ぐらい
※完全2回行動
・攻略
マダンテはサポートでも避けてくれますが、
壁際に追いつめられると避けられなくてまとめて死ぬ可能性もあります。
攻魔が極めて高いのか呪文のダメージがそこらの魔物より高い。
何やら怒り時のみ呪文を使うらしい?

念じボール闇の衣を纏っていない時は分散させる
闇の衣を纏ってる時はターゲット以外食らわないように散る

闇の衣は頻度が低い時もあれば勇者の光による硬直が無くなってすぐ
再び使用することもあるのでなんともいえない。
闇の衣を使用したらすぐスタンショットを使い、すぐヤリに持ち替え。
アンルシアが勇者の光のチャージを開始してからが理想か。

マジックバリアは切らさないように心掛けよう

3戦目

なんとHPの減り具合によって戦法やその他諸々が変わる。
その都度、味方全員を拘束し創生の力という技によりシフトチェンジを行う。
多分基本的に2回行動だと思われる。
アンルシアがおおよそメインアタッカーとなる。

1形態目

・行動
マヒャデドスジゴデイン……2戦目と同様
あやしいひとみ……前方へ耐性100%でなければ睡眠?
通常攻撃……300~380ぐらいか
・攻略
さほど注意する部分はない。
MPはこまめに回復し、次の形態へ備えよう。
マジックバリアは重点的に張っていく。スタンショットは温存。

2形態目

加速する世界:行動間隔・呪文詠唱時間短縮
・行動
神速メラガイアー……対象とその周囲に3発メラガイアー
連続ドルマドン……対象とその周囲に3発ドルマドン
いてつくはどう
・攻略
とにかく行動間隔がこちらも相手も短いので、
相手の動きを一喝やスタンショットで止めた後にタコ殴り出来ると楽。
特殊な呪文2種は1人で食らうと死ぬし、みんなで食らっても
呪文耐性がないとやっぱり死ぬのでやはりマジックバリアが欲しい。

3形態目

不浄なる世界:悪い効果にかかりやすくなる
・行動
不浄の息……前方に毒(50減少)幻惑マヒ呪いを付加+150~ダメージ
ランドインパクト……自身の周囲に700ほどのダメージ
不浄の魔力……魔法陣3つ設置し、1つ180前後のダメージ
いてつくはどう
・攻略
こちらも状態異常でやたらと攻められる上に、
ランドインパクトを食らうとまず即死なのが非常に辛い。
聖女の守りや天使の守りに積極的に頼りたい。
敵の周囲から自分だけでも離れよう。

目には目をということでラリホーマで眠らせることや、
アンルシアの通常攻撃時の攻撃力ダウンや守備力ダウンが有効。

睡眠以外の状態異常が効くかどうかは確認していない。
恐らく、おたけびやボケも通りやすいのではないのだろうか。
※おたけびは通ることが確認できませんでした。

キラキラポーンは有効なのでサポに使ってもらうのを期待したり、
自身が僧侶なら上手く使っていった方が良いだろう。
弓スキルがあれば弓聖の守り星も有用だろう。

ここでの戦闘時間が一番長いと思われる。

4形態目

混沌なる世界:会心率上昇、ダメージ倍加?(会心時のみかも)
・行動
痛恨の一撃、マダンテ、神速メラガイアー、連続ドルマドン
ランドインパクト、不浄の息、いてつくはどう、魔力回復
・攻略
アドバイスは会心完全ガードをしろ。以上です。
ほぼ確実に会心か痛恨、呪文の暴走が発生しますが、ならない時もある。
マジックバリアを張っておくことも勿論有効です。

ここまでくれば半分は削れているのとHP減らす速度も増すのであと少し。

編集後記?

クリア時の構成は僧侶2人、戦士、どうぐ使い。
全滅した1回目の挑戦は僧、魔、戦、道具。
1回目は3戦目3形態目で全滅。2回目での勝利でした。
最後の世界では特殊効果を見極めなければ全滅していたでしょう……。

自身はスパや武闘家、魔法使いも視野に入れてもいいでしょう。
賢者という選択肢もあると思う。
とにかくダメージがずば抜けて高いのでアンルシアを除いた蘇生役は
二人以上いた方が良い。