読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有頂天にならせて

雑記 DQX

年末年始、B'zがいろんな音楽番組で新曲の「有頂天」を演奏してます。
稲葉浩志の詩を聴いてるとコンプレックス強いのかなと思う時がよくあります。
単純にそういう感じを想像して書いてるだけなのかもしれませんけども。

結局「君といると勇気が出る」の類を言い替えただけともとれますし。

「イケメンで頭もよく金持ちな稲葉さんは何故こんな詩が」というフレーズは
とんだ余計なお世話で唾棄すべき言葉だなあと思う事がある。しかし同感もする。

どんな成功者にも大富豪にも他人にとって取るに足りないコンプレックスがあり、
悩みがあり、全能感に満たされていることなどないだろう……というのは
自分が成功者とならなければ実感も証明できないことですが。

DQX

ウルベアの大盾をはじめました。所感としては簡単だなと思います(適当

どこが簡単かというと地金が会心UP集中力1.5倍&集中力半減というところ。
火力を上げて超4連打ちで何回か打ってねらいうちするとだいたい大成功出ます。
あとは成功ゾーンが狭い部分はルフの盾のやつよりも短いっぽい(5,6)ので
とりあえず収めるだけでもなんとかなるところか。
その反面、火力の高い状態だとてかげん打ちでもはみ出す恐れがある。

せいれいせき高騰もありそうですが原価約2倍で☆3が取引されているのも納得。

ゼレスタイトって正直コロシアム用としても微妙すぎて打つ必要あるのか疑問です。
盾ガード率+2%ほどのアドバンテージを軽んじすぎでしょうか?

勿論、重さと呪文耐性を両立したいというならわからなくはないですが、
ウルベアのHP10を見過ごしたりすることはできない。
ギリギリでも生き残れることは今後のコロシアムでは今まで以上に大切そうです。

それに市場の総意としても近しいものがあるのか、
それほどウルベアの大盾の売り上げやらなんやらも減ってない。

職人作業にもリスクを抑えたり利益延ばす為の手順やなんかがあり、
錬金も一通りスキルを揃えた段階ならば、ただの分の悪い博打ではないと
ランプ錬金から防具鍛冶に移行しサブにラン錬をやらせて改めて思います。
成功シュートとか必殺も早く欲しい。

アイシールド21という漫画の原作者さん(総資産約3億Gの木工職人らしい)が
木工や錬金についてのなんかをTwitterで語ったりしておりました。
職人ガチ勢は一読の価値ありだと思います。

なんかチームで錬金に転向する人も多いですが
錬金こそ確率計算と効果毎の相場と相談して利益取れるようにしないと
元手一気にすっ飛ばして素っ裸になりそうな気がする。
正確に計算した訳ではないが必ずしも超・結果予知は最適解ではなさそう。

結果予知は100マスを60マスに絞るので1マスあたり1.67%に、
超・結果予知は100マスを50マスに絞るので1マスあたり2%に変化するのかな。

いずれは鍛冶と錬金の二本柱でやっていきたいものです。