Let Us FLIP FLAPPING Together

live.nicovideo.jp

 は来た。未だにフリップフラッパーズを視聴していないにも関わらず2017年冬アニメに臨んでいる愚かなお前にも挽回のチャンスが与えられる。もしも、お前がアニメオタク、作画オタク、百合厨などという称号を自称するような奇特な人物であるならば、この作品を視聴していないのはあまりにも大きな損失だと言える。それは何故か、以下の映像を観ればわかるはずだ。

 お前がアニメオタク、作画オタクに類する人物であるなら、この映像を観て何らかの気持ちを抱き、フリップフラッピング(注:フリップフラッパーズを視聴する行為を指す)したくなったはずだ。そうでないならさっさと「幼女戦記」なり「リトルウィッチアカデミア」なりを観に行けばいい。これだけでは判断材料に欠ける……そんな慎重なお前にも手はある。これは百合厨を名乗る人間にも該当することだ。ただし、百合厨と言っても物語世界のすべてが女の子同士で構成されるような世界でなくてはならないなどという過激な思想を持つ人間に対してフリップフラッパーズは適さない。摩擦のない世界など存在しないとはこの作品に登場する男の台詞だ。

www.nicovideo.jp
そう、ここで登場するのが唯一無料配信されているフリップフラッパーズ第一話「ピュアインプット」だ。これを観ればお前は

  • パピカという自由な少女がココナという真面目そうな少女の事を大大大好きである
  • ピュアイリュージョンとかいう異世界にある「欠片」を集めている
  • ココナにはヤヤカという何だか不良っぽい幼馴染がいる
  • なんか楽しいだけではなさそう
  • 老婆にも少女にも見える白い服の少女が船に乗っていた

以上のことがわかるはずだ。オープニングやエンディングからも示唆されるように、この物語は決して楽しい二人のガールミーツガールだけではないということを先に述べておかなければならない。もしも、お前がいわゆる日常系アニメのアトモスフィアを期待してこのアニメに臨んだなら、早く「うらら迷路帖」や「亜人ちゃんは語りたい」、「ガヴリールドロップアウト」あたりに帰るべきだろう。

このアニメは決してアニメオタク、作画オタクや百合厨だけのものではない

 これは一話の段階ではなかなかわからない情報だが、このアニメにはキャラクターの所作や背景美術に伏線やちょっとした遊びが組み込まれている。例えば、一話に登場する仕掛けの一例として、本編では全く呼ばれないココナの苗字が登場するということだ。他にも、花言葉が登場人物の心情や場面の意図の代弁をしていたりするので、お前は何かをしながら横目でこのアニメーションを観ていたのなら作品からの大切なシグナルを見落としてしまうだろう。特に5話は画面の上とか下、窓にも注目して欲しい話数だ。
 ほかにも、中盤にかけて開示されるピュアイリュージョンの謎や他のいくつかの謎について、本編で明かされることは少ないが、そういった数少ない情報から何かを推理したりして自分の中で補完するという楽しみ方ができる。もしも、お前が作品に対して全てを明確にすることを求めているなら、それは満たされないのであきらめた方がいいだろう。この世には知り得ない事が存在し、オウガバトルサーガが完結しないことと同様にフリップフラッパーズの世界も受け手側の解釈に委ねられている部分は多い。「あなたには、世界はどう見えてるんだろう」……つまりそういうことだ。全話視聴した暁にはこのフリップフラッパーズという世界がどう見えるのか、何かしらの媒体で教えて欲しい。

背景美術や音楽もつよい

 フリップフラッパーズを視聴する上でスタジオPABROが主に手掛けるほぼ一話使い切りの美麗な背景を見逃すべきではないだろう。これはピュアイリュージョンというなんだかよくわからない異世界を彩る上で極めて重要な役割を果たしている。それは一話視聴時点でもわかるはずだ。
 そして各話で目まぐるしく変化するフリップフラッパーズの世界観に沿っているのは何も背景だけではない。たった一話の、ある場面に使用するだけの音楽が多く存在していて、それもピュアイリュージョンの世界を形作る上で大きな役割を果たしているだろう。オリジナルサウンドトラックはiTunes Storeなどで試聴可能なので是非とも一聴してみて欲しい。ハイレゾ版も存在しているし、CDで購入してもいい。曲数は53曲ととても多く、ある場面の為だけに作られたボーカル曲もある。
 一話使い切りの背景美術・音楽・キャラクターの衣装が多く、様々なリソースが贅沢に用いられているのもフリップフラッパーズの特徴と言えるかもしれない。

終わりに

live.nicovideo.jp
フリップフラッパーズ一挙放送が行われるのは2017年1月20日(金)19:00からです。義憤に駆られて何かと戦おうとする前にフリップフラッパーズを観てください。別に特に何かと戦おうという気概がなくてもフリップフラッパーズを観てほしいし、何かしらの社会正義と紐づくわけではないが、とにかくフリップフラッパーズを観てほしいということだけを述べて本記事は終わります。