リターン・トゥ・イヴァリースのメモ

イヴァリースの歴史はだいたいFFTと同じ
・聖石やルカヴィあたりの設定もFFT準拠っぽい(闇とか光の異形者にまつわる話は今のところない)
FFTでの英雄王が辿る結末はいくつかある説の一つとして存在
・「ジェノミス」は「アラズラム・J・D」のミドルネームにあたる部分?
FF14作中でもゾディアックブレイブの話はウルクアヌハイやホーリーボルダーが語っていたはず

時系列

FFTで語られたイヴァリースと地続きに考えるならば、アラズラムの時代が語られるようだ。
実際のところ、FFTFF14は別世界なので完全続編ではないです。
しかし、続きとして見られるくらいにはFFTの設定を流用してます。

ボスと聖石

参考資料
設定/【ルカヴィ】 - ファイナルファンタジー用語辞典 Wiki*

聖石と対応するルカヴィ、アシエンを対応させるとこんな感じ?

ボス 星座 聖石 アシエン(光の異形者)
背徳の皇帝マティウス 双魚宮 パイシーズ ラハブレア
人馬王ロフォカレ 人馬宮 サジタウリス イゲオルム
統制者ハシュマリム 獅子宮 レオ ファダニエル
冷血王アルガス(ドゥマ) 金牛宮 タウロス ミトロン

ハシュマリムマティウスのデザインはFF12から。
ロフォカレは雨宮氏による新規デザイン。アルガスは雨宮氏とデザインチームどっちだろう?

この調子で聖天使アルテマ(FFTデザイン)の立体化も何卒……何卒……。