めし記

主に創作物の物語に関する考察を書くブログでございます

Doki Doki Literature Club!のスタッフロールを見ました

store.steampowered.com

「Doki Doki Literature Club!」のスタッフロールを見ていないのなら、この記事の続きは読むべきじゃない。
なけなしの勇気を振り絞ってNew Gameを始めるんだ。
f:id:messi325:20171031004506p:plain




感想

日本の美少女ゲームを上手く踏襲したホラーゲームでした。

一周目

Sayoriの部屋に最初入る時、絶対何かあるだろうと思ったら何もなくて肩透かしを食らい、
いつひっくり返してくるんだと思ったら最後の最後でした。
演出やピッチをずらしたBGMも相まってかなり怖かった。

YuriNatsuは行けると思うんですけど(提案)。

二周目

あまりに怖すぎてヘッドホンを付けずにプレイしていた。
少し油断したところに画像を欠けさせたりなどのサプライズを入れてくるので本当に心臓に悪い。
怖い箇所はとにかく怖いので文章をちゃんと理解せずに来てしまった。
詩自体もちゃんと意味を理解することを半分放棄してた。辛い。
バグったように見せる画面が怖い。

Monikaと二人きりになってやっと安心できた。彼女こそ黒幕なんだけど……。
あとゲロそんなにちゃんと描かないで!

三周目

ある種のループものになりますね。
Monikaのいない平和な世界と思いきや……というホラーなエンド。
ミイラ取りがミイラになるエンドはホラーではよくある話ではあります。

※DDLC Wikiを見ると、
Act1 New Game~Sayoriのアレ
Act2 New Game ~ Yuriのアレ
Act3 Monikaと二人きり
Act4 New Game ~ Ending
という感じでわけてるみたいですね。

まとめ

とにかく怖かった。

個人的に好きなのが「文芸部だから詩を交換しよう!」という部分で、
大抵の仮想文芸部は文芸部の体を成しておらず、だいたい何もしません。
しっかり創作する文芸部が登場する作品があれば教えて欲しい。
そもそも文芸部が何をする部なのか私は寡聞にして存じておりませぬ……。

それに対して本作では詩を通してヒロインたちの心情などを表したりするのがイイ。

多分、普通にプレイしているとまず気づけないのですが、Doki Doki Literature Club!のフォルダ内に
プレイ進行に応じてテキストファイルや画像ファイルが追加されています

それ以外にもBase64などを利用した仕掛けもファイルに存在しているので知りたい人は検索をオススメ。

近しい作品として「僕と彼女と彼女の恋。」(R-18)が良く挙げられているようです。
作品名とある程度の詳細は知っているんですが、実際にプレイしていないので何とも言えない。

英語スラスラ読めるようになりたいですね。
日本語訳版が欲しいところですけど、英語のニュアンスをちゃんと日本語にあてはめられるのかわかりませんし。

詩(poem)

この作品の中で一番の読みどころだと思ってます。
とはいえ、英語話者でない私にはもはや暗号解読めいた様相です。

Natsukiは基本的に文が平易で分かりやすい(殴られそう)。
皆さんご存知の通り一番の曲者はYuriで筆記体で読みにくいし詩自体も抽象的でわかりにくい(殺されそう)。

意味がハッキリとわかるってだけかもですが、好きなのは「エイミーはクモが好き」のやつです。
こう、Natsukiらしいですよね。Natsukiの話はタイムリーな話でもあります。
というか他の3人のパーソナリティが複雑すぎるだけかも。

しかし詩とかを読みに行きたくてもアレを周回したりする勇気がない。

合計でいくつあるんでしょうね?
ゲーム内で読めるものでも、あの「特別な詩」は解除条件があるのでしょうか。
あとファイルで生成される詩もいくつかありますしね。
いくつかパターンがあるらしいですが、ゲームがゲームだけにそれらの要素を読みに行くのが大変。

ゲームの考察

・黒い縁の太文字は彼女たちの本音?
→どうもMonikaの介入があった場所っぽい?(もしくはかんけいない)
・バグ画面はゲームマスターに抗ってるとかそんなアレ?

やはり英語がネックで全体の流れを上手く拾えなかった。
Monikaと別世界へワープする前のひと悶着のさらに前とかの話が全く分からない。
2周目は特に彼女たちの「本当の」心理を語っているくさいところも多いし。
あとYuriの死に際のアレは何かに変換出来たりしないんだろうか……?
→死んだYuriが吐き出し続けるアレはただのグリッチテキスト(文字化けした無意味な文章)っぽい。
ただし、あの最後のpoemは一応内容が存在するようです。詩の体を成している訳ではありませんが。

とりあえずもう一度やるとすればそのあたりに注目して(できるか?)やりたい。
問題は精神力で正直来るのわかっててもやるの怖い。たすけて。

Fan art

www.pixiv.net
キャラクターデザイン&一枚絵の方。

だいたいタグは上記の方に倣って「doki_doki_literature」か、頭文字をとって「DDLC」が使われているみたい。
海外の人はタグ使いが上手くないのか「dokidokiliteratureclub」とか連ねて書いてしまってる人も多い。
ちなみに「Doki_Doki_Laterature_Club!」は0件です。

終わりに

実際のところ本ゲームで用いられている手法一つ一つというのは割とよくあるものかもしれません。
しかしながら、これが日本国外から、しかもタダで来たというのがポイントな気がします。
多分マネタイズはグッズを利用するという考えでしょう。

ギャルゲーで覆い隠されたホラーという点に目が行きがちですが、作中の詩(Poem)もいい味出してると思います。
何とか読み解きてえ……そんな想いです。


※追記
DDLC Wiki

Wikiありました。