めし記

主に創作物の物語に関する考察を書くブログでございます

岩田聡の原点: 高校同期生26人の証言を読んだ

Kindle Unlimitedのカタログをめくっているとこんな電子書籍を見つけました。

ゲーマーの皆様はもちろん、そうでない方もその名を聞いたことがあるかもしれない。
この書籍は任天堂前社長の故岩田聡氏について、高校時代の同級生の視点から書かれたものです。

当時の時代背景や故郷札幌の様子を交えながら、小学、中学、高校時代の岩田氏がどうだったのかということが
同級生たちの証言から書かれています。

コンピュータゲーム制作の話はもちろんですが、よくNintendo Directなどで見せていたプレゼン力や、
いくつかの既出のエピソードに象徴されるような問題解決能力について、

「この当時から片鱗を見せていたのではないか?」

と同級生たちは振り返っています。

その後、任天堂の社長となった岩田氏が多忙の中で顔を出す同窓会でのエピソード、
病気、そして死に対する反響でこの本は幕を閉じます。

巻末には同窓生で文科省に勤めていた上月氏と岩田氏の(多分私的な)対談が書かれています。
この本に実用的なところを求めるならば、ここが一番の目玉なのではないかと思います。

岩田聡氏のファンで、インタビューや対談を積極的に追いかけていた方なら読んで損はないでしょう。


皆がより良い状態になる為に何でもするし、何かを良い状態へ持っていく事が好きだったんだろうなと
特にバレーボール部時代のエピソードで思いました。