めし記

主に創作物の物語に関する考察を書くブログでございます

最近観たアニメのメモ

2017年冬以降あまりアニメを観ていない。

キルミーベイベー

Amazonプライムビデオで配信されていたので。
初めて観たという訳ではなく、どちらかというと郷愁に駆られてという面が大きい。
色々ありましたけど、度々話題に上がる作品だと思う。

シュール系なギャグですが空気感が唯一無二だと思う。
知らないだけかもですが、最近はこの手のギャグアニメは観られないですね。

Paprika

これを観てまず思ったのは「何故今敏監督亡くなってしまったの?」でした。
参加しているアニメーターもそうそうたる面々で、BGMは平沢進氏。

アニメはこういう虚実入り乱れる世界観が一番適してると思うんですけど、
少なくともテレビアニメでそういうのが生まれる見込みがないような気がして辛い。

人の夢や妄想、意識がテーマで、少しエロかったりグロテスクなところのあるアニメ映画です。
観ているうちに今現実の場面を見ているのか夢の中の場面を見ているのかわからなくなっていきます。
平沢氏の曲がかなりマッチしてていい。

妄想代理人

ある種パプリカに近いテーマで、今敏監督のテレビアニメ初監督作品。
誰かの描いた妄想が現実を侵食していくようなそんな話。

パプリカほどの派手さはないですが、今このテーマに取り組んだらどういうものができるのかというのはある。

結城友奈は勇者である

魔法少女まどか☆マギカ」のエッセンスを継ぐアニメとも言えるが、
まどマギとの違いは物語の時系列のスケールが大きく、勇者と呼ばれた少女達のサーガに近い。
(有史以前にも魔法少女がいたという話が出るけど、明確に語られるわけでも予め設定がある訳でもないので)

「イラストノベル」という形態で書籍展開もしていて、どれが主体というものではなく並行してるっぽい?

物語のやり口はかなりえげつなく、個人的にギャグが得意と考えている上江洲&岸コンビが、
面白いギャグを仕込みつつそれを上回るシリアスで殺しにかかってくる。

今期でも書籍として出ていた「鷲尾須美は勇者である」が「結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-」として、
結城友奈は勇者である」の続編が「結城友奈は勇者である-勇者の章-」として放送されている。

宝石の国

市川春子氏の漫画原作の全編CGアニメ。
人類が滅んだ世界で、宝石の体を持つ人型の宝石達が自分達を奪いに来る「月人」達と戦ったりする。
この終末後の世界観であったり、キラキラと煌めく宝石達やどことなく仏教的な空気感が良い。

Twitterでダイヤが木々を飛んで走るシーンか何かで「手描きアニメを超えた」みたいなツイート見かけましたけど、
別にCGアニメは手描きを超える類のものではないように思う。凄腕の人はあれくらいを手描きでやってのけそう。
一部は手描きを加えているそうですし、手描きのアニメーターも原画で参加している。
昨今のアニメ視聴者事情を考えると、CGの方がいいのかもしれない。キャラ表から外れることはないだろうし。

このオレンジというところは「Dimension W」や「アクティヴレイド」、「マジェスティックプリンス」などでもCGやってますね。